2010年04月12日

山崎、野口さんが宇宙で対面 日本人初(産経新聞)

 山崎直子さん(39)ら米スペースシャトル「ディスカバリー」のクルー7人は日本時間7日午後6時10分過ぎ、国際宇宙ステーション(ISS)に入室し、野口聡一さん(44)ら6人の長期滞在クルーと合流。山崎さんと野口さんは、日本人同士で初めて宇宙で対面を果たした。

 山崎さんは8日、ロボットアームを操作して物資補給コンテナ「レオナルド」をISSに設置。他の飛行士と協力して、9日から食料や実験装置などの運び出しを始める。運搬作業には野口さんらも参加する。

 山崎さんは趣味の琴を弾くため、長さ35センチのミニチュア琴を持参。野口さんも雅楽で使う横笛を持ち込んでおり、宇宙で日本文化を発信する和楽器の合奏が実現しそうだ。2人は滞在中、政府要人との交信も予定している。

 ディスカバリーの到着で、ISSには過去最多タイの13人の飛行士が集結。うち女性は山崎さんと米国3人の計4人で、過去最多となった。

【関連記事】
スペースシャトル、ISSにドッキング成功
山崎さん出発 有人宇宙船の夢考えたい
山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
「銀河鉄道」あこがれ胸に山崎さん出発
「中国内陸部の資源事情とは…?」

給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相−公務員法案、実質審議入り(時事通信)
平野官房長官、移設案を提示=沖縄知事は拒否明言−普天間(時事通信)
<掘り出しニュース>「昭和ロマン博」、映画セットで再現 福島・南相馬(毎日新聞)
給与・定員、基本権に併せ検討=仙谷担当相−公務員法案、実質審議入り(時事通信)
「シュワブ陸上」なら政権崩壊 阿部知子社民政審会長(産経新聞)
posted by トヨシマ マサコ at 09:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

「冷泉家 王朝の和歌守」展 京都文化博物館 日本人の美意識に触れる(産経新聞)

 国宝5件、ほか約300点もほとんどが重要文化財という質、量ともに圧巻の「冷泉家 王朝の和歌守(うたもり)展」が、17日から京都市中京区の京都文化博物館で開かれる。奇跡的に守られた同家の蔵「御(お)文庫」に残る典籍、古文書、宸翰(しんかん)(天皇の書)類は文学や書にとどまらない日本文化の源泉といえ、王朝のみやびと日本人の美意識に触れる機会になりそうだ。

 和歌のスーパースター、藤原俊成、定家父子を祖に持つ冷泉家。王朝文化を代表する「古今和歌集」や「源氏物語」が今に残るのも、実は定家がせっせと写本を作り、残してくれたおかげだということをご存じだろうか。

 歌をもって朝廷に仕える“和歌の家”として歴代は膨大な歌集や書物を集め、最大の名誉である勅撰(ちょくせん)集の編纂(へんさん)に備える資料として保存してきた。ぜいを尽くした美しい「私家集」のコレクションは今回のみどころの一つだが、貴重な紙に定家らが惜しげもなく書き込みをしているのもおもしろい。

 展覧会では俊成から冷泉家初代・為相までの4代の偉業を紹介するほか、俊成自筆の「古来風躰抄(こらいふうていしょう)」、定家筆の「古今和歌集」(ともに国宝)など貴重な文化財を展示。東京会場で話題になった、復元された同家秘伝の香や展覧会オリジナルの和菓子などのグッズも販売される。(山上直子)

                   ◇

 4月17日〜6月6日(前期5月9日まで、後期同12日から。全作品入れ替え)。午前10時〜午後6時、月曜休。同館TEL075・222・0888。

<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内(毎日新聞)
都内の小6女児を呼びわいせつ 大阪の男逮捕(産経新聞)
コーヒー豆商標訴訟でエチオピア勝訴=特許庁の審決取り消し−知財高裁(時事通信)
普天間、首相「腹案持っている」(産経新聞)
警官が覚せい剤飲ませる?同席女性から陽性反応(読売新聞)
posted by トヨシマ マサコ at 16:06| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

増え続けるDV被害 「自分はダメ人間。私のせい…」 被害意識なく気付かず(産経新聞)

 ドメスティックバイオレンス(配偶者らによる暴力=DV)被害が止まらない。平成21年の警察のDV認知件数は、前年比11・7%増の2万8158件で、統計を取り始めた14年以降で最多となり、5年前の倍近くになったことが警察庁のまとめで分かった。DV被害者の心理からは表面化しない被害や、重大事件につながる危険も浮かび上がる。その“処方箋(せん)”はないのか…。(高橋裕子)

                   ◇

 ■「やり直せるなら」

 「お前は心の病気だ。おれ以外だれにも相手にされない」「今までろくな男と付き合ってないから本当の愛情が分からないんだ」

 シングルマザーだった埼玉県の崎本良子さん(37)=仮名=は、夫の言動に傷つけられる日々だった。元カメラマンの夫とは19年に結婚。長女(10)の良き父親になってくれると信じたからだ。

 夫は資産家の息子で、働かずに貯金で暮らしていた。崎本さんに性行為を強要し、断ると2〜3時間もなじられた。「好きだから一緒にいたい」と崎本さんから片時も離れず、崎本さんの携帯電話やパソコンを取り上げて、家族や友人への連絡を禁じた。崎本さんはお金も渡されず、1人での外出は許されなかった。

 長女には殴るけるなど虐待。夫の「しつけだ」という言葉を、崎本さんは「信じたいと思い、信じていた」と振り返る。

 結婚3カ月目から何度か離婚を持ちかけたが夫はそのたびに謝罪。妊娠したこともあり、「家を出ても生活できない。やり直せるならもう一度信じよう」と思い直すことを繰り返した。だが、夫の行為は改まらず、崎本さんは結婚から1年2カ月後に家を出た。現在、離婚訴訟中だ。

 ■「期待裏切った…」

 DV防止法が規定するDVには、相手を傷つける言動や、性行為の強要なども含まれる。だが、崎本さんが夫の行為がDVだと気づいたのは別居後に弁護士に相談してからで、結果的に長女も危険にさらした。

 崎本さんは自身のブログに「夫から言われた言葉によりどんどん自信喪失になっていきます。自分が悪いんだ。自分はダメな人間だ。私のせいなんだ…。相手は加害者という自覚はなく、自分も被害者だと自覚はないのでなかなか気付けないのです」とつづった。

 これはDV被害者に共通する心理だ。被害者の駆け込み寺であるシェルターの関係者は「被害者はみんな『私が悪いのでは』と思っている」と口をそろえ、「『私がもっと気が利けば、彼は暴力をふるわずに済んだ』と考える被害者すらいる」と話す。

 加害者から離れることをためらい、重大事件につながるケースも後を絶たない。

 宮城県石巻(いしのまき)市の少年(18)が2月、元交際相手の少女(18)の姉ら3人を殺傷したとされる事件では、少女は度々、警察に相談しながら被害届の提出をためらい、別れと復縁を繰り返していた。事件前夜も警察は避難を助言したが、少女は実家に戻っている。

 民間シェルター「仙台女性への暴力防止センター・ハーティ仙台」の八幡悦子代表は「一度相談や保護につながったのに元に戻ると、『期待に反してしまった』と敷居が高くなり、相談しにくくなる」と分析。「相談者には必ず過去の事件の例を伝えている。保護施設への入所は本人の意思によるため、危険性を被害者や親族らに十分理解させる説得が必要だ」と話す。

<シー・シェパード>船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検(毎日新聞)
避難誘導マニュアル 市区町村67%未作成(産経新聞)
妊娠装って交際相手から中絶費用だましとる 21歳の女逮捕(産経新聞)
【Web】ユーザー1400人を社食に招待(産経新聞)
歯医者でガス爆発!院長は直前まで診察(スポーツ報知)
posted by トヨシマ マサコ at 22:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。